青春を山に賭けて msk

登山記録と過去の登山を日記風に綴っていきたいと思います。

阿弥陀岳 正月登山 完結

どうも、お久しぶりです。


仕事でバタバタと年月が過ぎて正月登山の完結編を書くのをすっかり忘れていました(笑)...約半年も...(汗)


ではでは、ラストを飾ったアルパインクライミングのお話です。




赤岳から戻り八ヶ岳山荘に到着。一風呂浴びてオーナーに相談する。



阿弥陀岳南稜に明日アタックしたいと思ってるんですが...


泊まるの? よし、わかった!


飯は? よし、わかった!


風呂は? よし、わかった!


と全てコミコミの破格で提供して頂いてさらには


明日の取り付きまでの足は? 送るよ


と本当に何から何まで面倒を見て頂きました。


まさに感謝感激で年始早々至れり尽くせりでした。



僕とkは次の日の食事と金を持ち合わせていなかったので

コンビニも車で送ってくれる感じでは、あったもののそこまでお世話になるのは流石に悪いと自分達はそそくさとコンビニに向かった


距離にして往復24km...赤岳から帰って一時間もしないうちにまた歩き出す



やはり道は長く帰ってきた頃には、日はだいぶ暮れてました。


ただ歩きながらビールを流し込み元旦にこんな事をやってるなんて、なんて素晴らしいんだと他人様との感覚のズレが露骨に出て二人して笑う



山荘のスタッフさんに、あれどこに?って言われたので


ちょっとコンビニに(笑)と伝えると



みんなー!コンビニまで歩いただって!と大騒ぎ(笑)



暖かい風呂に浸かり冷え切った体を癒やし食事をして寝床に着く。

明日は、いよいよアルパインクライミングのデビューとなる。



7時半には食事と準備を済ませて送ってもらう。


非常用の為にオーナーの番号を教えてもらい僕らは出発する!




今年は雪が少ないので取り付きまでは時間をかけずに歩けた。本来なら一泊二日が定番のルートだが、これなら日帰りで帰れるかもと話す


途中で朝ラーメンを食べて景色を楽しみながら進む



そしていよいよ核心部であるルンゼとp1~p4を目にする






Webの情報とDVDの映像だけで実際に見るまでどんなもんかと恐怖と好奇心が交差していた。


まずは、ルンゼを慎重に登っていく。雪は固まっていて滑ったらアウトの場所であり緊張はしたもののスッと登る。


一方kは何やら苦戦してるみたいでなかなか上がってこない


そして最後の岩場に取りかかる


僕がトップでkがビレイのスタイルで果敢に挑戦するものの


アイゼンをつけての岩登りに2人とも手こずる。


何より支点確保がままならないので、落ちたら止められる自信はない


岩場に何とかロープを巻き不安定過ぎる足場の元で


登っていいよー!と大きい声を出す。


徐々に二人にはやはり早過ぎたかと恐怖が頭をよぎる


かと言って来た道を戻れる自信もない


かなりのペースダウン。昼間だったのにもはや夕方になりかけていた。


焦るなーと言ってるものの僕自身も焦り出す。


しかし、確実に乗り越えまえに進む


そしてやっとの思いで結果を得られる



山頂で数枚写真を撮りすぐさま下山に取りかかる。


滑落停止訓練も兼ねて勢いよく滑り数mで止まる。


これを何度か繰り返し無事に行者小屋に到着。


結果的には一時間の予定ロスですみ二人してカップヌードルをすする



めっちゃくちゃ嬉しいご褒美である



そして泊まる予定だったが戻れるって事でいっきに山荘まで下山することに。



課題も多く勉強不足な面もわかり


本当に合宿登山としての最後を迎えられました。