青春を山に賭けて msk

登山記録と過去の登山を日記風に綴っていきたいと思います。

2014夏の富士山登山行



僕は立山から帰るとすぐに富士山に向かいました。


毎年恒例の富士登山。もうこれで七回目ぐらいになるのだろうか。


単独で挑むといつも自分との闘いで様々な感情がぶつかる。それを制して日本一というピークに立つのは、やはり快感でありその後の自信と繋がる。


この時は、いつも通りに五合目まで車で行って少し仮眠してから登ろうとしていたが、スバルラインがまさかの通行止め。シーズン中は通行禁止なるのを初めて知った。いつもシーズンが過ぎた9月に登るのでその事を知らなかった。


山麓に有料の駐車場があるのでそこに止めてシャトルバスで五合目まで向かう。




仮眠が取れないので9時には五合目にいたが10時ぐらいまで順応も含めてだらだら過ごし出発する。


一年があっという間に過ぎていってあっという間に終わるのを最近は強く感じる。


自分は、去年よりどう変わり成長出来たのか。


そんな事を考えながら星空を見ながら歩く。色々な人との出会いと別れ。この年の僕は、自分の会社が大きく揺れた時期でもあって精神的にキツかった時である。全てを失ったけど残ったのは山だな。って思っていたと思う...。


富士山はペース配分さえわかってしまえば単調な道を歩くだけ。前みたいな感動はもう得られないのかなと残念だが前に進む。


そして1時30分ぐらいに山頂に到着。

だいぶ早く着いてしまった。 


日の出までは、まだまだ時間がありする事もないので食事の準備に取り掛かる、



と言ってもコンビニで買ったおにぎりとカップヌードルだけだが。



この日は風も強く体感温度がやけに寒い。

やはり標高が高いからあと何時間もこの寒さを耐えないといけないかと嫌になる...。しかし太陽を待つしかない。


毎回思う事だけど太陽は本当に偉大だなと思う。この強烈な寒さを一瞬で優しく包み込み温もりを与えてくれる。


日の出一時間前。なんと空はガスっていてまさかここまで待ったのに拝めないのかと絶望感がこみ上げてくる。いやしかしもう寒さの限界である。



周りはシーズンとあってか外国人だらけ。もはや日本人の会話がない。ここは日本か?と思うよなシーズンの富士山。


ちょっと寒さを紛らわすために歩きまわっていると


ガラガラ~と山頂の山小屋が開く。


一斉に登山者がなだれ込む。すかさず僕もその中に喜んで飛びつく(笑)


このときのサプライズ瞬間を神様~と心のなかでお礼をした。


知らない人達と暖かさを喜び合いカップヌードルをすする。


そうしているうちに空は明けてガスがやはり出ているが日の出を拝む事が出来た。




寒さは残るが、写真を撮って下山することに。