青春を山に賭けて msk

登山記録と過去の登山を日記風に綴っていきたいと思います。

厳冬期単独金峰山2013

僕のツアーガイドさんは、国際山岳ガイドというガイドの中でも特別な存在に位置するお方でした。

その方に単独でオススメされたのが山梨県と長野県の県境に位置する金峰山。


あまり写真などの資料が見当たらないのが残念です。


その日も仕事を終えて家に帰宅後、準備してあったザックを車に運んで出発です。2月の夜は相当冷え込み東京も寒気が強いです。

中央道を経由して長坂インターまで着いて気付きます。。。登山靴を忘れた。


この時のガッカリ様は、想像できると思いますが真面目にガッカリしてました(笑)


仕方なくとんぼ返りして夜中の二時頃に駐車場付近に到着です。時間的に余裕を持って早めに出たのに登山靴の忘れに何度も車が雪にハマり、ハマる度にスコップを持って外に出て雪かきと圧雪して道をつくります。この時に高めのスタッドレスタイヤを購入してましたが雪が凄いと意味がないのをこの時初めて知りました。


もうヘトヘトです。駐車場まではたどり着けないと諦め車を峠の側道に止め予め用意してあった缶ビールと遅めの夕食。温めてもらったコンビニ弁当はすでに冷たくむなしい食事になりました。


疲れもありたいして飲まないビールをわき目に早々と就寝。


寝てるときに雪が降っている地域はエンジンをかけてはいけません。マフラーが雪で覆われ車内に逆流して一酸化中毒になるからです。キャンプ用の-10℃まで耐寒性があるシェラフに潜るが、車の中は冷蔵庫みたいに冷え込みなかなかしんどい。。



朝起きてこの景色



ハマらないように祈りながら運転し....外に出て雪かき(笑)


雪国の人たちは本当に大変だな~と感心しながら駐車場に到着です。


夏山でも金峰山は時間がかかる山であるため早速登山開始!


トレースはしっかりしていて登山口まで少し急な坂道を歩きます。




小屋を通過して金峰山に向かいます。いくつかの凍結した鎖場をピッケルとアイゼンを効かして登り林道を歩き続けます。


うん、非常に長い。雪山を歩くのは楽しいけれど

負荷がかかる傾斜を歩き続けるのは本当に堪える。


この山は今回が初めてであったため、ここから山頂まで二時間!の看板が出てきた時は心がひん曲がりそうなくらい嘘でしょと思った。


しかしまもなく景色が開けて尾根の歩きとなる。風も冷たく鼻水が凄いが

あと少しと思えれば気持ちは一気に軽くなる。


アップダウンをいくつかやり過ごしてやっとの思いで山頂に到着。




看板が雪で埋もれている。。




富士山もしっかりと拝み誰もいないピークを後にする。



そして下山道に問題は起こる。



ピークを後にして歩きアップダウンの途中に後続にいた登山者グループと出くわす。


山頂までどれぐらいですか~と聞かれたのであと一時間もかからないかな?と教えてあげて道を譲る。譲らなければ通れないぐらい尾根道は狭い。


そしてまた僕は下山道に向かって歩き続けるが結構急な岩を下っていく。

こんな所通ったかな?と思うものの進んでみるが先には岩下りではなく崖下りになっていた。


うん、道を間違えてた。どこでだ?と焦る。


体を横に曲げたりして道を歩いた記憶はなく確かに真っ直ぐ歩いてきたはずだが?


後ろを振り返るとさっきとは逆の岩登りがドーンと構えている。


とても疲れていた。これを引き返すか危ない崖を下り登山道に戻るか、こういう時人は楽を取りたいと思うのが普通だ。僕も思った...


でもそれが遭難につながる。ここでそんな事は出来ないと元来た道を登り返す。


山頂に着くまでに力を使いすぎていてこの岩登りはキツい。もっと昨日寝れていればもっと朝ご飯を食べれいれば、当てようがないイライラを抑えながらも滑落しないようにツルツルした岩を登っていく。


そして30分後。先ほどグループと出くわした所に辿り着いた。


そう僕は道を譲るときに左にそれてそのまま真っ直ぐと歩いてしまい道を間違えたのだ。疲れもあったが後は下山だけという油断が、この結果を招いたと反省した。


そして続く長い下山道。林道は変わらない景色が続くので正直飽きてくるが意外に木の根っこが出てたり空洞になっている雪を踏んでアンバランスになるため気持ちはしっかりと持ち続けなければならない。



ようやく朝にみた小屋を後にして駐車場に到着。


安堵と達成感。最高に心が満たされ心が落ち着く。


汗をかいた服から解放されて私服に着替えあとは温泉につかるだけ....。


がしかし雪にハマりどうやっても駐車場から出れない。


もう踏んだり蹴ったりであるのが僕の登山life


この時は駐車場にイケメンなお兄さんが居てくれたため何回もハマる僕の車を押してくれなんとか駐車場から脱出できる。



冷たくなりすぎて赤くいたくなっている手にハーハー息をかけながら雪道の峠を越えて温泉に向かうのだった。