青春を山へ

登山記録と過去の登山を日記風に綴っていきたいと思います。

初めての山岳救助 その1

長野県ではハイシーズンである夏山に



山岳遭難防止対策協会から約2カ月の間30名程の隊員を派遣して登山者に登山指導や相談。

登山路のパトロールなどの遭難防止に努めてます。


管轄エリアで山岳遭難が発生した場合は第一前線としてこの部隊が送り込まれ

山岳救助の救助活動に当たります。


北部と南部に班ごとで配置され山小屋などに常駐することになります。





初めての救助活動...。


そうあれは天候が悪く雨が降っていたのを今でもしっかりと覚えてます。


遭難者Aさんは遭難する前から実は目をつけてました。当時の班長にAさんは遭難する可能性高いですよと伝えてました。


ではではその時の記憶を紐解いていきたいと思います



大きなザックを背負って夜の8時過ぎ(山では三時までに到着してるのがマナーでありルール)に突然現れたAさん。小屋のスタッフから僕らは呼ばれます。


改めてAさんに話を聞いてみると道迷いをしてしまい今の時間になった。ドコドコまで行くつもりですと言っている。確かに迷いそうな所はあるが


注意さえしてれば迷う所ではない。

かなりの縦走を歩いて来てるので体力的に疲れていて高齢者でもあるので注意力が散漫になっているのではと判断して

安全を取って今回はここで下山することを伝える。


しかし、雰囲気的にやめる気がないようなのでアミノバイタルを数本渡して話を打ち切る。


僕らに強制権はない。後は登山者の判断に委ねるしかない。


そして僕は信じられない光景を目の当たりにする。


それはAさんが小屋のスタッフから缶ビールを2本買っているのである。


Aさんが予定を変更せず進むならまだまだ危険箇所や道迷いしそうな所は沢山ある。

明日も早く出なければ夕方には次の山小屋には到着出来ない。


察するに道迷いしたことによって極度の緊張感の中何時間も歩いて来ただろう。それでもなお進むならばせめて食事をしっかり取って休息を取ることが

ベストなハズなのにビールを飲もうとしてるのが信じられなかった。


Aさんがやろうとしてる登山はもはや趣味の領域を越えた域にあると思う。頑張ったのだから飲みたい気持ちもわかる。しかし流石に小屋のスタッフにも迷惑をかけて食事を出して貰ったのだから...まだまだ続く縦走登山。せめて今日は道迷いをしてしまった反省と問題を考え早めに寝るようにしてればまた変わった結果があったのではと後の祭りですがそう思わざる得ません。




僕らは何も言わずにその場を立ち去り明日は小屋を移動しなければならないのですぐに就寝。




Aさんも次の小屋が一緒だったので登山者の見送りをしたあと僕らもパトロールに向かう。


お昼頃に着いて小屋の人に宿泊者の名簿を見せて貰ったがAさんの名前がない。


僕らのペースが速いこともあるので着いてないのは承知の上だが、何もないと良いなと思いながら班長と話す。





次に続く

今までとこれから

僕の記事を数人の方でも見て頂けてるのは嬉しく感じます。このブログはあくまでも日記としての位置付けなので多少もしかしたら不適切な発言や行動があるかも知れませんがご承知頂ければ幸いです。


なぜ数年前から記事を書かなくなったかと言えば登山パートナー(k君)が結婚したことによって登山を引退。僕は登山を続けてましたが記事を書く意欲がわかずそのうち存在を、すっかり忘れていた次第です。

このブログは過去の山と現在の山を題材にしておりますが読み返して思ったのが若者から中年に進行しているって事ですね笑


昔は仕事が終わってからでも山に行くってのが当たり前で貪欲にストイックに山と対面しておりました。がしかし年ですかね。昔ほど今は取り組んでおりません。仕事で疲れてるのに山に行くとか今は考えられません。

自分の体調や気分に合わせて山と付き合いをしてます。


もちろん興味がなくなったわけでなく様々な山登りをしておりますし、長野県で山岳救助に携わってるので年間の三カ月以上は今も山の上で生活をしてます。


今までは登山パートナーが居たのですが、いなくなったことによって新たにパートナーを見つけられず基本的にソロ登山になったので挑戦的な山登りをしておりませんが、このブログの最終章はエベレスト登頂を目標としてます。


年を取るにつれて周りの環境が堅実になっていく中で僕は一人まだ自由奔放に動き回ってます...。


そんな中で結婚とかマイホーム等など人生設計を考えねばならない事案は沢山あります。


こんな僕も考えるようになったのは事実です。しかし二足のわらじを履いて世渡りするほど僕は器用ではありません。


最近になって僕は覚悟というか自分の山登りにピリオドをつけようとしたことがありました。本当に色々考えました。このままの生活を続けていくのか世間体とかほんとに色々と...


でも数十年と山をやっててやっぱり僕のゴールはエベレストだと決めました。


そこに理由は沢山ありますが、それまでは結婚もマイホームも全て後回しにする決意です。


最近はそんな僕を、応援してくれる知人やSNSでのフォロワーの方々。応援メッセージを頂く事もあります。大変嬉しく心の支えになってるのでここで改めてお礼申し上げます。



こないだ知人の人と呑んでるときに言われたのがそのままの自由でいて欲しいと目指して欲しいと言われました。


僕は2カ月の間。長野県の山で山岳遭難防止対策協会の山岳救助隊員として夏山常駐隊に所属しております。

山岳遭難防止対策協会とは行政で組織化してる遭難救助のネットワーク的な存在です。


長野県の会長は現知事です。夏山常駐隊とはそれに委嘱(普通の人では出来ない専門的な分野のときに使われる言葉)されてハイシーズンである夏山において2カ月間常駐して登山者の指導相談。登山路のパトロールや山岳遭難が起きたときの山岳救助を任務として活動してます。


何度も救助に出たりしてるので今後はこっちがメインで記事を書いていくことにするかもなのでご興味があれば読んで頂ければ嬉しく思います。