青春を山に賭けて msk

登山記録と過去の登山を日記風に綴っていきたいと思います。

2014立山三山縦走テント泊 中編

バスに揺られウトウトと眠りkに着いたよ!と起こされる。


バスから降りると肌寒い空気が出迎え、やっとここに来れた嬉しさが込み上げる。寝ぼけながら(笑)


駅から出ると!まさに北アルプスと呼ばれる景色がドーンと現れる。


二人して凄い!と騒ぐ。


僕は山を幾つか登っていたけどこんな凄い景色があるのを知らなかった。こんな世界が日本にもあるのかと感動した。スイスみたいだねと行ったこともないのに会話する。

散策路を歩きキャンプ場に向かう



僕はWebで調べ夏季のイメージをしていたけどまさかの雪。みくりが池も見ていたのとは大違い。



この池が後でみくりが池なのを知る(笑)


途中で散策路も雪に埋まり歩く通路を見失う。


本来なら竹が間隔で刺さっているのでそれを頼りに歩くのだが、そんな知識を二人は持ち合わせてなく、途方にくれる...(汗)





キャンプ場は目前にあるが、どうやってそこに行けばいいのか、わからず山小屋の人に聞く。

んー滑って行けば?と本当?と思うような答えが返ってきたが、僕らはシリ滑りをしてキャンプ場に到着する。





時刻は夕暮れ。こんなところで一夜を過ごせるのかと胸が躍る。寒気が時間とともに厳しくなってくるが、僕らは外で夕飯の準備に取り掛かる。





このビールの本数は一人前である(笑)相変わらずビールの重量はズシンと重く大変だが、山にビールは欠かせない。


夕飯のメニューはカレーとつまみの餃子。





あっという間に暗くなり、めちゃくちゃ寒い。


早々と飯を切り上げ各自のテントに潜り込む。そして眠りにつこうとするが寒くて寝れない。7月の山がこんなに寒いのを僕は知らない。


震えながら外に出てkのテントに訪問、やはり彼も寝れずにいた。


いやーこれは厳しいねえとガスバーナーをつけて暖をとる。



お湯を沸かしてラーメンを食べ明日の予定を話し寝床に戻る。全て着込み足をザックの中に入れて保温。そのうち疲れで眠りにつく。



朝になり寒さで叩き起こされる。そそくさと準備をして立山三山に向かう。