青春を山に賭けて msk

登山記録と過去の登山を日記風に綴っていきたいと思います。

はじめまして新入りです?

はじめまして、前回の瑞牆山の回にでてきた。kと申します。今後ちょくちょく、コメントしていくので、宜しくお願いします。まずは、初めての登山となる瑞牆山のことを自分目線で、コメントさせていただきます。


いつものように、何気にこのブログの管理人と居酒屋で集合して、夜会をしていたところ。軽い感じに山へのお誘いがあり、自分も軽く返事してしまったのが、始まりでした。

いざ山へと行くと行っても、まだ、何を持って行けばわからない自分。

寒くないようにと厚着で行けば大丈夫かと、何も用意せず、当日管理人の靴とザックを借りてのスタートでした。


スーパーに行って食材を買い出しに行って、何を作るかの話になり、手巻き寿司と話に!ほとんど管理人が準備をしてくれてましたが、食材は自分がザックで持つ担当に。。。正直当時、登山てこんなに荷物が重いのか?と思ってましたが、今、思うと前泊の登山であんな荷物は、有り得ませんね。。笑

今では、宴会登山とストイック登山に分けて、山行に行ってますが、当時管理人には、当然だよ。というような不適な笑みを浮かべて、当たり前だよと。言ってた彼が今ではちょっと怖く感じます。笑


当日の登山は、というと考えてた登山より、体力に余裕があり、前方の登山者を追い抜いたりと、拍子抜けでした。

まあ、今ではそんなことも考えられませんが、無知で浅はかでした。


ただ、ピークに到着した時の感動は今でも変わらないです。


これから、管理人にスパルタの登山を教わることを知るよしもないまま、一回目の登山は終了しました。